タイトル画像

油絵を始めたい人のために

何から始める?どんな用具が必要?

油絵について

最近、公開されていたゴッホ展や国立新美術館の印象派展などを観ているといると、自分でも描いてみたい。
ゴッホのように、マネのように。心の底からふつふつと燃え上がる想いが起きてきた。
そう、油絵だ。本格的に絵を描いてみたいと思ったのは私だけか。
などと、余計なことはどうでもいいが、趣味として油絵に取り組んでみたいという人は多いのではないか。
子供の頃から慣れ親しんできた水彩ではなく、油絵をである。
一から画材を揃えねばならぬのが、ちょっと一歩、踏み出しがたい油絵であるが、描くこと自体は難しいことではないようだ。
大人の趣味としても上等な趣味になるような気もする。
自分の開いた時間に、絵を描く。好きなように。
プロになるわけでもないので、へたでもかまわない。
よし!ひとつ始めてやろう。


スポンサードリンク

油絵の始め方


Oil Painting / Jen's Art & Soul

油絵を始めるにあたっては、初心者用の書籍、通信講座などを利用したい。
水彩と違って、画用紙と絵の具、筆さえあれば描けるというものでもない。
画材に対しての知識、使い方等、絵を描くテクニック以外の情報がいるからだ。
筆だけで絵を描くばかりでなく、ナイフなどを使うこともある。
初心者に必要な知識を得ておこう。
幸い、初心者用の入門書も通信講座もたくさんある。
いくつかピックアップして自分の気にいった本を、講座を選べばよい。
もちろん、余裕があれば教室のようなところに通えばよいが、時間的な制約もあるだろう。
いつでも自分に合った時間にできるものを選んだほうがよい気がする。
そしてある程度、そういったことを理解してから、サークルに入ったり、油絵教室に入ってもいい。

用具・必需品
油絵具・・・・・・最初は10~12色。後でほしい色を追加していきましょう。
画筆・・・・・・・豚毛が基本。
画用液・・・・・・ペインティングオイルが便利。
油壺・・・・・・・画用液を入れて使う容器。
パレット・・・・・木製が良いでしょう。
キャンバス・・・・始めは6号ぐらいから。
イーゼル・・・・・油絵を乗せる道具。
ナイフ・・・・・・ペインティングナイフ(初心者には菱形が良いでしょう)
パレットナイフ・・パレットの掃除や絵の具を混ぜるのに使う。
ブラシクリーナー・筆を洗うのに使います。
筆洗器・・・・・・ブラシクリーナーを入れるのに使います。
※最初は初心者用画材セットなどを購入するのもよいかもしれません。画材店にセットになったものが売っているはずです。

関連リンク
博物館・美術館ナビ

スポンサードリンク

関連動画


油絵関連の動画を集めてみました。画像上部のタイトル名をクリックすると動画をみることができます。
また、検索窓に他のキーワードを入力して他の動画を探すこともできます。
(※・スマートフォン、タブレットでは動画を見ることができません。パソコンをご利用ください。) powered by You Tube


スポンサードリンク