タイトル画像

ベランダ菜園を始めたい人のために

何から始める?どんな用具が必要?

ベランダ菜園について

一戸建ての家ではないので庭がない。それでもマンションに小さなベランダはあるので今風のガーデニングを楽しみたい。
それで、どういう花や植物がベランダガーデニングによいのか、書店で本を何冊か立ち読みしてみた。
それらの本の中でベランダ菜園という書籍がいくつかあった。
ベランダで野菜や果物、ハーブを作るというのである。
なるほど、たしかに花と緑に囲まれた華やかなベランダはきっと気分がいいだろう。
しかし、どうせ植物を育てるなら何か実益があったほうが良いような気がしてきた。
いわゆる花より団子である?。
せっせとお水をあげ、日当たりに注意をしながら育て上げおいしい野菜や果物を食べたい。
自分で作った、それらのものは、どんなにおいしいだろう。
そこでマンションのベランダで育てられる野菜や果物を作ることにした。
いわゆるベランダ菜園である。

家庭菜園の教室・講座・通信教育などの情報ページ(無料で資料請求ができたりします。)
家庭菜園教室


スポンサードリンク

ベランダ菜園の始め方


かぼちゃの植え替え / yto

庭で作るわけではなく、狭いベランダにプランターを置いて作るので作る野菜や果物は、ある程度種類が限られてくる。
初心者の定番的なものとしてミニトマト、イチゴ、パプリカやバジル、しそ、パセリなどのハーブ類が代表的なものだろう。
種から育ててもいいし、苗をホームセンターなどから購入してもいい。
それらの価格もたいして高くはない。
あとはプランターを選らばなければならない。
プランターは育てるものによってサイズを変えなければいけない。
このサイズについては、お店の係の人や店員さんに相談して決めるのがベストだ。
何の種類を何株、育てたいのかを伝えれば、親切に教えてくれるはず。
後、プランターに入れる土も購入しよう。
これもやはりホームセンターや園芸店に売っているので、野菜用、ハーブ用など合った土を選ぶ。
また、水はけをよくする為に、プランターの中に敷く敷石(軽石など)も購入する。

作り方
まず、敷石をプランターの4分の1程度の深さになるまで敷く。
次に土を入れる。
水をたっぷりかける(プランターの下からこぼれ出てくるまで)。
購入してきた苗(プラスチック状のポットに入ったもの)をポットから取り出し、そのままプランターに植えます。
種から育てる場合は袋に発芽の仕方などが書かれているので、その指示とおりに。
これで終わり。後は毎日、水をあげるようにして、ベランダ内で日の当たる場所を選んで置く。
1日の時間によって日の当たる場所が違うので、その都度、移動してあげたらベストだ。
後は水ばかりでは、栄養がないので肥料を随時あたえる。(与え方は商品に説明が書いてある)
いわゆる追肥というやつ。
これには液体のものと固形のものがある。これも店員さんに訊いて適切なものを選ぶ
これだけである。
何もむずかしいことはない。
まあ、虫が付いたり、病気になったりとアクシデントが起こったりすることもあるが、それなりの薬なり対処法がある。
それらのことはネットで検索すればいくつも出てくるので調べればわかるはず。
要するに、そんなに難しく考えることはない。
ベランダ菜園を始めようと思ったら、まずは行動に移す。
いろいろやりながら、勉強していけば大丈夫。
簡単だ。

用具・必需品
苗または種
プランター、鉢
培養土(野菜用、ハーブ用など)
敷石(軽石など)
じょうろ(水やり用)
支柱(トマトなど背が高くなるものに支えとする棒。お店で売っている)

関連リンク
ヤサシイエンゲイ

スポンサードリンク

関連動画


ベランダ菜園関連の動画を集めてみました。画像上部のタイトル名をクリックすると動画をみることができます。
また、検索窓に他のキーワードを入力して他の動画を探すこともできます。
(※・スマートフォン、タブレットでは動画を見ることができません。パソコンをご利用ください。) powered by You Tube


スポンサードリンク