タイトル画像

フリーマーケットを始めたい人のために

何から始める?どんな用具が必要?

フリーマーケットについて

一時のブームが去ったように思えたフリーマーケットですが、最近また見直されるようになり賑わってきたようです。
そのフリーマーケットは誰でも手軽に始められるのが人気の一因です。
もう着なくなった衣服、使わなくなったアクセサリー、結婚式の引き出物など貰い物で押入れにしまわれたままの食器や小物類など、とにかく自宅にある邪魔な物を売ることができます。
再利用してもらうことでエコにもなり、少々の売上で収入にもなるかもしれないのです。
また、出来たら家族やお友達と一緒に参加しましょう。トイレなどの都合もあるからです。
それにフリーマーケットは主に土曜日や日曜日に開催されるので、レジャーのつもりで、お弁当や飲み物を持って遊び感覚で皆んなで楽しみましょう。
プロではないので、掛け声をかけたりすることも、それほど必要ではありません。
良い物が、買いやすい値段で売られていれば、お客さんから自然によってきてくれます。
もちろん、張り切って大声を上げて集客してもよいのですが。
まあ、ノルマがあるわけでもないので、最初は気軽に周りの人の売り方を見てみましょう。

フリーマーケットの会場の申し込み方
フリーマーケットの開催情報のサイトから近くの会場を選び電話やインターネットで申し込みます。
出店の参加費がかかります。各会場により参加費は違います。(一部、無料の会場も有り)
自家用車をお持ちの方は車出店というブースがある場合もあります。
詳細は下記のサイトから条件、参加費、申し込み方法などを調べましょう。
開催情報のホームページ
フリーマーケットへ行こう
フリーマーケット・フリマの開催情報満載のフリーマーケットガイド公式サイト
全国のフリーマーケット開催情報満載-フリマガイド|fmfm.jp


スポンサードリンク

フリーマーケットの始め方


主に用意するもの
●商品(売る物):自宅にある不要品。また友達などからタダで貰える物。
●値札:ひとつ、ひとつ値札を付けてもよいですし、ひとかたまりにして画用紙やダンボールの切れ端にマジックでまとめて書いてもよいでしょう。
●釣り銭:お釣り用の小銭もいくらか用意したほうがよいでしょう。
●文具:値札の予備、マジックやサインペン(安いことを表現するために赤のペンも)、ハサミ。売れた商品を入れる袋(あったら紙袋やポリ袋。ただしなくても大丈夫。袋はないのですと言いましょう。)
●備品:ガムテープ(あれば何かと便利です。)。 ●レジャーシートなど:商品や自分が座るための敷物は必需品です。携帯用の折りたたみの椅子などがあればさらに便利。

関連リンク
リサイクル運動市民の会
東京リサイクル運動市民の会

スポンサードリンク

関連動画


フリーマーケット関連の動画を集めてみました。画像上部のタイトル名をクリックすると動画をみることができます。
また、検索窓に他のキーワードを入力して他の動画を探すこともできます。
(※・スマートフォン、タブレットでは動画を見ることができません。パソコンをご利用ください。) powered by You Tube


スポンサードリンク